岩手県の滝

戻る

 
幣懸の滝
ぬさかけのたき
紫波郡矢巾町
高:7m 車 星1 地:南昌山
矢巾温泉の近くに落ちる滝。簡単に訪ねられる滝ながら静かな環境です。
 
鳥越の滝
とりごえのたき
岩手郡雫石町
高:30m 車 星2 地:篠崎
滝の上温泉のすぐ下流にあり、滝水に温泉が流入しています。
 
不動の滝100選
ふどうのたき
八幡平市高畑
高:17m 車 星2 地:七時雨山
不動川上流にある、緑に囲まれた美しい滝。
 
智恵の滝
ちえのたき
八幡平市袰部
高:30m 歩3 星3 地:竜ヶ森
八幡平の水を集め、山奥深く落下する滝。
 

降る滝
ふるたき
和賀郡西和賀町下前
高:40m 歩1 星4 地:左草
女神山の三滝の一つで、最大の落差を誇る滝。意外と複雑な姿をしており、滝壺から見上げると、滝名そのものの姿で感動させてくれる。県道から「白糸の滝」の案内に従って進み、林道終点の駐車場から徒歩30分弱の距離。
 
姥滝
うばたき
和賀郡西和賀町下前
高:20m 歩1 星3 地:左草
女神山の三滝の一つで、降る滝の下流にある段瀑。ここの三つの滝は、すぐ近くにあるのにそれぞれ全く違う表情なのが面白い。すぐ上流には爺滝という小滝がある。
 

白糸の滝
しらいとのたき
和賀郡西和賀町下前
高:30m 歩1 星4 地:左草
女神山の三滝を代表する、何とも言えない形をしている個性的な滝。流水部分が浸食されずに盛り上がっているのが不思議であるし、ここまで綺麗にムラ無く広がって落ちる滝は珍しい。ここの滝群は手軽に行けて自然環境も良く、誰にでもおすすめできる場所である。
 
小松倉大滝
こまつくらおおたき
和賀郡西和賀町沢内字前郷
高:10m 歩1 星2 地:真昼岳
真昼岳の麓、小松倉沢にかかる滝。林道のすぐ脇にあるがほとんど見えない。滝壺へは真昼本沢との合流点から入渓して遡行する。沢はとても穏やか。
 
天空の滝
てんくうのたき
和賀郡西和賀町沢内字前郷
高:45m 歩2 星2 地:真昼岳
真昼本沢と小松倉沢の合流点から入渓し、遡行するとこの滝が左手高所から落下してくるのが見えてくる。地形図にある支流の滝印の一つ目。
 
真昼霊泉
まひるれいせん
和賀郡西和賀町沢内字前郷
高:15m 歩2 星2 地:真昼岳
天空の滝からすこし先へ進むと、すぐに左手からこの滝が合流してくる。一番左は沢が落下する普通の滝だが、中央から右の幅広簾状に落下する滝は潜流瀑だ。この水は冷たくてとてもおいしい。地形図にある支流の滝印の二つ目。
 

真昼大滝
まひるおおたき
和賀郡西和賀町下前
高:30m 歩3 星3 地:真昼岳
真昼本沢を遡り、三つ目の枝沢が合流地点で落下してくるのがこの滝。それほど大きくはないが、青空がとてもよく似合う滝。ここまで特に難所もないので、沢靴だけでのんびり沢歩きが出来ておすすめです。
 

七折の滝
ななおりのたき
花巻市大迫町川目
高:35m 歩2 星4 地:早池峰山
全国にある「ヒョングリ滝(水が真横に噴き出す滝)」の代表。噴水のように滝水が飛ぶ様子はとても不思議に思えてくる。見ておくべき滝の一つだろう。この滝へは駐車場から案内もあり、小一時間で行けるが、私は「絶対に早池峰山とセットで見るんだ!」と心に誓っていたので、山を縦走して10時間かけて到着した。

戻る